« 「ロックマン&フォルテ」とそのテーマなど | トップページ | キャンプ開始―試合数増加とプレーオフ制度 »

2009/02/01

名作ではなく、迷作だった「ロックマン9」と必要とされる意識革命

「ロックマン&フォルテ」を最後に新規シリーズはしばらく登場しなかった「ロックマン」本家シリーズ。私は正直続編が登場する可能性はせいぜい20%程度だと思っていました。ところが、2chでのシリーズ板(私は2chは見る事はあっても、書き込みはしませんが。)で見たのですが、去年梅雨時に「ロックマン」の続編が登場すると聞いたのです。私は正直シリーズが中途半端なまま宙ぶらりんだったのを見て、何かXシリーズへの繋がりとか進展があるのではと思いました。フォルテが中途半端ながらも、そのようなテーマが見られたので尚更だったのですが、後に私は続編への期待を抱いたのは大いなる間違いという事に気づかされる事となったのです。

それは、前のシリーズでも何度も言ってきたのですが、この「ロックマン9」はカプコン及びファンのいびつな「ロックマン2」への神聖視の結果生み出されたいびつな代物であったからです。

グラフィック?ファミコン風に戻ったね。だから?それで?私に言わせれば、「ある意味斬新だが、それだけ。」これ以上でも以下でもないのですが。だって、冷静に見てみたら、そうしたグラフィックだった時代の末期、もう作り手の発想に技術が追いつけなかったじゃん。だから、やっとの事でSFCやSS・PSに進出したんじゃないですか?もっともそうした技術の進歩が「ロールヒロイン化」を生み出してしまったのだけど。

BGM?確かに「ロックマン」シリーズならではの所謂「センスの良さ」は戻ってきましたよ。でもなんで、パスワードやステージ決定、特殊武器ゲットとか2の流用なんですか?これちゃんとした続編なんでしょ。BGMと言えば、ワイリーステージ1の「Flash in the dark」は、例の「億千万」以上の名曲と言えるのかもしれないけど、その次の「We are the robots」、いや、確かにBGM自体は良い曲だけど、全然ワイリーステージの雰囲気に合っていないのですが。そういえばまた、某アレンジサウンドトラックもほぼ全て聴きましたが、これもハッキリ言って駄目でしたね。前述のワイリーステージ1にせよ、トルネードマンステージにせよ原曲のイメージを壊しすぎです。正直褒められたクオリティではなかったです。

ゲーム自体の出来はって?確かに「何度も死んで覚える」というロックマンシリーズならではの醍醐味は堪能させてもらいましたよ。改めて。何週かすれば、一部ステージとワイリーマシーン以外はそうは苦戦しないとは思うけど、その一部ステージ。ワイリーステージ3の事ですが、あのイライラ棒的な棘の配置、いかんせん次元低すぎなんじゃないですか?こんな事を2chで言ったら、所謂「ゆとり」呼ばわりされるかもしれないけど。

そうした苦労の末に見せられたエンディング、最初の「ワイリー歴代シリーズ土下座シーン」特集も、「これは(ニコニコ動画視聴者に対する)カプコンとインティの受け狙いですよ。」としか言い様が無かったけど、まあ、別にワイリーが逃げる事自体はいいよ。でも、たとえジョジョのDIO様に「ごく短いときの流れでしか生きないものの考えだ。」と笑われても言うけど、アレは後味悪すぎですよ。2のオマージュとしてこの9を作ったのなら、何故EDまで2のオマージュにしなかったんですか?7のEDとも似ているけど、適当に後味悪くしないようにワイリーを生死不明にでもさせて、ロックマンは共に脱出したブルースと別れた後、今回の兄弟ロボット達との戦いを振り返りながら、「ロボットの存在の意味」「戦い続ける意味」を自問自答しながら静かに去っていく・・・・・・・・というEDにすべきだったんじゃないの?それとも、池原しげと先生によるコミックボンボン版「ロックマン6」と「ロックマン7」を足して2で割ったようなED(6ではロボット達がライト博士によって修理されており、7では「ロボットの存在の意味」に悩んでいたロックマンをライト博士が励まし、お互い新たな決意を誓う前向きな結末のまま終わる。)にするべきだったんじゃないの?そんなの想像力が乏しい私でもちょっと考えれば想像できる事ですが、それとも何かね?ワイリーの口車にまんまと乗せられ、後に「ロボット工学の父」として偉大な功績を残した産みの親を誤認逮捕した、思考能力には疑問符を付けざるを得ない他人間達の姿と、そんな産みの親へのロックマンの「親子愛」を利用し、今回もまんまとトンズラに成功した狡賢いワイリーの姿からそのような「X」シリーズにも繋がるテーマを述べたかったのだろうか?

EDの最後ではまた、そんな兄弟ロボット達の姿が描かれていて、ワイリーはコンクリートマンに懲らしめられている姿(これもまだ生ぬるいレベルだが。)は描かれているけど、そういう姿を描くのなら、「ロックマンの活躍でライト博士の無実は証明され、平和は戻ったが、ワイリーは行方不明のまま。」だけではなく、「ロックマンの兄弟ロボット達はライト博士によって修理され、また元の仕事に就く事となった。」「ライト博士の冤罪を教訓として、使用期限済みのロボットの廃棄を見直すことにした。」これぐらいのあとがきが無ければ駄目でしょうよ。そうでないと、結局はXシリーズで「ワイリーというお釈迦様の手のひらで踊っていたに過ぎなかった孫悟空の一人」であった事が明らかになってしまったロックマンが余計報われないですよ。「ロックマン&フォルテ」を正史認定したくせにそのフォルテがなぜか設計図だけ見られたのも不自然だったけど、ほんとに突っ込み所だらけのEDでしたね。(苦笑)6のそれなんか、この9に比べれば全然まともに見えてしまいます。

そして、そうしたEDに対する反感をより煽らせてくれたのが、今作でも「またかよ。」というか、その悪影響が現れていた「ロールヒロイン化」に他なりません。

今作のアイテムショップは、フォルテでは「難易度を理不尽に引き上げる」側面も無視できなかったのに対し、概ね初心者救済の面が純粋に強かったのだけど、その中にロールの顔の形をした妙な代物があり、妙にポイント数が高いそれを購入すると、ロールちゃんの8衣装姿がEDで拝める・・・・・って、そんなのゲームの攻略とかとは何の関係もないでしょうよ。ただのファン及び、それをネタにして騒ぎたいだけの好事家への低次元な媚びでしょうよ。最初「ロックマンワールド4」で元のパワーチップシステムを考案した人はそんな媚びの為に考案したわけではないと信じて疑わないのですが。ロックの命よりもロールの衣装の方が大事なのかよ。

つまり「ロックマン9 野望の復活!!」とは、確かにゲームの出来やBGMのセンスが総じてよかった事は私も否定はしないですが、表向きは最近の所謂「ぬるい」ゲームに飽きてきているプレイヤー等に好評を博し、「名作」との評価を受けているのだけど、私から見れば、ニコニコ動画に媚び、シリーズの迷走をさらに加速させた、悪い意味で全く異質な「迷作」に過ぎないのです。稲船敬二以下製作スタッフは・・・・・・・

「『思い出は億千万』とか『エアーマンが倒せない』とかが好きなお前らが望むロックマンはこんなもんだろ?」

「ファミコングラにすれば、低コストで済むし、さらに2のオマージュとして9を作ればファンも寄ってくる。ヒットしなくてもそんな痛くないし、ヒットすれば儲けもの。」

こんな意識で作っているのに過ぎないのではと邪推してしまいますね。私から見れば。稲船氏はまた、「『ロックマン9』がファンの皆様に支持いただけたのなら続編も考えたいと思います。」とも言っていたようですが、一旦廃止したチャージやスライディングはどうするつもりなんでのか。4~フォルテみたいにチャージやスライディングが出来るようにすれば「9」が余計浮いた存在になってしまうし、それだけでファンを強く惹きつける事は難しく、やはりファンを惹きつける為の新たな方向性を構想しなければいけないのです。しかし、「ロックマン6」から1のリメイクである「ロックマンロックマン」の流れを見ても、カプコンはそうした「新要素の副作用として生じる、理不尽な制限」というジレンマを克服する事は出来ませんでした。「X」シリーズでもそうした失敗の連続の末、やっと「ロックマンX8」で花開いたように見えて、売上は4万本台と迷走に愛想をつかしたファンを呼び戻すには至らなかったという厳しい現実に直面しなければいけなかったのです。

要するに、今回の9での「『自称』最高傑作2のオマージュ」も、私から見ればその「ロックマンX8」とはまた違った意味での「見かけだけの成功」に過ぎず、この本家シリーズの迷走の原因となっている「根本的な問題」は全く解決されておらず、却って今後の方向性を考える上での「足枷」となってしまったのです。それなのに、稲船氏がこのように軽々しく続編云々の話をするという事は責任者としてどうなのかなという事なのです。こうした迷走はカプコンだけでなく、無批判に『思い出は億千万』や『エアーマンが倒せない』等の組曲、『ロックマン2EXILE』等の多種改造作品をインターネットに氾濫させるなど「2」を何を勘違いしたか、カプコン共々過度の神聖視に走ったファンにも大いに責任があるのです。そして、「ロックマン10」がもし製作されるというのなら、カプコンもファンもまずやらなければいけないのは、自分達がそうした「明後日の方向」に向いてしまっていた事を素直に反省し、シリーズ全体を見渡して、「本当に何がシリーズのためになるのか。何が本当に『ロックマン』本家シリーズに愛情を持っているファンの為になるのか」一人一人自問自答していくなどの「意識革命」なのだと思います。それは絶対に避けては通れない関門でしょう。「馬の耳に念仏」であり、「期待しないで待っている」のですが、それこそが「本当の進むべき『道』である」と言えるのではないかと思うのですがね?

|

« 「ロックマン&フォルテ」とそのテーマなど | トップページ | キャンプ開始―試合数増加とプレーオフ制度 »

ロックマン」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/27669387

この記事へのトラックバック一覧です: 名作ではなく、迷作だった「ロックマン9」と必要とされる意識革命:

« 「ロックマン&フォルテ」とそのテーマなど | トップページ | キャンプ開始―試合数増加とプレーオフ制度 »