« 実写版公開も間近だけど・・・・・・ | トップページ | 「ロックマン 危機一髪」を聴いたが・・・・・・・ »

2009/02/20

ゴジラ17年目の挑戦

NHK総合のニュースで、ヤンキース・松井秀喜選手が「シーズンフル出場したい。」との、今年2009年シーズンに向けての意気込みを語っていたのを偶々目にしたけど・・・・・・・・・そう言えば、彼がメジャー挑戦してもう今年で7年目になるのですね。ただ、1年目から私がひそかに心配していた事なのですが、技術的には、本塁打減少は予想されながらも、問題はなく、寧ろ体力面に不安があると思っていました。巨人時代はデーゲームは殆ど無く、連戦も6が基本的に最多。そして、空調の効いているドームでほぼ半分プレーできたのです。どころが、メジャーとなると、真夏でも日曜(土曜も)はデーゲームがあり、移動距離も半端なく、二桁連戦も珍しくなく、様々な気候での球場でプレーしながら162試合消化するのです。

3年目までは少なくとも、表面上ではそんな不安は杞憂だったように思われましたが、4年目の、あの悪夢の5.11から・・・・・・・・・5年目も100打点を越えたけど、143試合出場でした。そして去年の6年目も・・・・・・・・本塁打は減少しても、規定打席に達した4シーズン(2003~2005、2007)は「パックマン」の異名通り、いずれも100打点を越えており、出塁率も低くはなく、勝負強さはメジャーでも健在なのですが、3年目までのようなフル出場とは行かず、チームもWSに出場したのが僅か1回のは何とも歯がゆい限りです。メジャー挑戦1年目にはMLB系雑誌「SLUGGER」に「月刊松井秀喜」なる特集が掲載されていて、チームメイトの証言程度ならまだしも、日本と現地での「ヤンキース関連記事における松井の扱い」の比較等、痛すぎる意識過剰丸出しで、意味がない特集までやっていましたが、怪我に苦しむ近年の彼の姿を見ると、そんなマスゴミの奇行が余計哀れで虚しく感じられるものです。

元々そんなマスゴミを信用していない私は、勿論ここ数年「SLUGGER」は買っていませんが、松井選手の人間性は良いと思うし、ミスターには「首位打者を獲れ。」とハッパをかけられたらしいですが、タイトルよりもまず、今年来年と本当にフル出場できるように頑張って欲しいと思います。ヤンキースも400億強の補強をして、またワールドシリーズに出れなかったら、もういい加減いい笑いものだろうし。欲を言えば、本塁打も600本以上打って欲しいと思います。もし、イチローに安打数を抜かれるのみならず、彼に本塁打数まで抜かれたら、また「彼の記録は日米通算の記録であって、日本の記録じゃない。」なんて訳の分らない事を言う誰かさんの姿がブラウン管に映し出されるでしょうが・・・・・・・・・・・

|

« 実写版公開も間近だけど・・・・・・ | トップページ | 「ロックマン 危機一髪」を聴いたが・・・・・・・ »

MLB」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/28218305

この記事へのトラックバック一覧です: ゴジラ17年目の挑戦:

« 実写版公開も間近だけど・・・・・・ | トップページ | 「ロックマン 危機一髪」を聴いたが・・・・・・・ »