« ついにあの大打者も・・・・・・・ | トップページ | ロックマンXシリーズとその迷走 »

2009/02/05

タツカプを語る前にこれを語れ!?-「マーヴルVSカプコン」

去年、「ヤッターマン」のリメイク等もあって、「タツノコVSカプコン」(以降タツカプ)という、VSシリーズの流れを汲む、クロスオーバー作品が登場しました。これがどういう作品であったかは、ストリートファイターⅣの所でも少し触れましたが、その前にこの「マーヴルVSカプコン」(以降マグカプ)がどんな作品であったかを押さえておかないと、このタツカプの問題点も完全に理解できないのではと思います。

今作での新システムはスペシャルパートナーとヴァリアブルクロスでしたが、前者は特定のコマンドで自由に選択できる上にコロッサスが突出して強く、後者も対戦バランスを悪くさせただけな印象で、このマグカプならではの色を出せたのかは甚だ疑問なのですが、それ以上に「?」と今では思える点があります。

それは、ロールの参戦です。もう、何度も「ロックマン」シリーズにおける彼女のヒロイン化が同シリーズを駄目にした大きな要因の一つである事は述べてきましたが、他シリーズにおける、最初の悪影響が現れたと言えます。なぜか彼女だけボーカル付きのテーマ曲が用意されていたのです。存在自体既に浮いているのですが、これでは余計・・・・・でしたね。何だか力の入れどころがちょっとズレてましたね。EDも、「ロックより先にステージクリアよ!」って、ロックマンとどちらが早くワイリーを倒せるかの、ゲーム感覚的な競争みたいでしたね。なんか、一方、兄貴のロックマンの方はただオンスロートの必殺技を覚えただけ。「ロックマン9」のログでも触れましたが、どうやら既にこの頃からカプコンにとってはロックよりもロールの方が大事だったようです。ジン・サオトメも何をトチ狂ったのか、妙にお笑い担当キャラにされてましたね。これは私のイメージじゃないっ!!お笑い担当は火引弾の兄貴だ!!(苦笑)「本編ではシリアス、番外オールスターではコミカル」なのは、ネオジオでのサカザキファミリーにも言えることですが。(もっとも、「餓狼MOW」でのマルコの登場以来、正史でもお笑いにされてしまったようだけど。勿論このMOWにも良い印象は持っていないが、後日触れます。)

登場当時は、「あれ?もっと面白いと思ったのだが。」な程度の感想しか持っていませんでしたが、今思えば、このマグカプこそが「カプコン対戦格闘ゲーム迷走の始まり」だったと思います。

|

« ついにあの大打者も・・・・・・・ | トップページ | ロックマンXシリーズとその迷走 »

ゲーム」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/27810960

この記事へのトラックバック一覧です: タツカプを語る前にこれを語れ!?-「マーヴルVSカプコン」:

« ついにあの大打者も・・・・・・・ | トップページ | ロックマンXシリーズとその迷走 »