« 「ロックマン4」と特殊武器など | トップページ | 「ロックマン6」とその限界点 »

2009/01/25

「ロックマン5」と特殊ステージなど

「ロックマン5」はシリーズ中最も難易度の低い作品(とはいえ、購入初日のクリアはできなかったが。)ですが、ただ難易度が低くなったというわけではなく、特殊ステージ(重力、水中バイク、宇宙)やFCのスペック内での限界までの挑戦の賜物であったワイリーボスと「作り手」の意欲が大いに感じられた事には代わりは無かったし、BGMもクールなものが多く、そのクオリティはシリーズで3本の指に入るでしょう。前者は、原曲はどれもハズレがなく、これは普通に「凄い事」だったと思うのですが、PS復刻版でのアレンジ版は全体的にイマ一つだったのがちょっと残念でした。テレビCM曲にもなったナパームマンは、原曲の緊迫感が殺されていたし、クリスタルマンも悪くはないが、水晶の神秘性とかが全く無くなっていました。ウェーブマンステージも最初のメロディ、南国トロピカル調なのはちょっと違うぞと・・・・・・・・ボス決定・特殊武器ゲット・パスワード・グラビティーマン・ワイリーマシーン&カプセル戦・スタッフロール等好アレンジなのも勿論数多くあったけど・・・・・・・・・

後者についても、ニコニコ動画等の動画共有サイトでは改造版は「2」のものが大半で、それが過度の神聖視を産み、現在に至る「迷走」の大きな要因の一つになってきたと言う事は何度も述べてきたが、「グラビティーマンの罠」なる5の改造版も存在するようです。難易度的にかなり鬼畜で、8ボスステージ全て重力反転があるばかりでなく、クリスタルマンステージでは勝手にロックマンの体力が減少したりする場所が存在したり、スターマンステージではクイックマンステージのビームとの組み合わせ、ジャイロマンステージでは目の前にボスへのシャッターが見えるも、棘等に阻まれて普通にそこから行く事はできず、遠回りの形で、そこに辿っていく等ビームは別にして、結構面白い趣向が見られている改造作品だと思います。こういう別シリーズの改造版ももう少し注目されてもいいのでは?と思いますが・・・・・

確かに初心者入門用的な内容で、上級者の方には物足りなく感じられたのかもしれませんが、だからこそ、PS復刻版等が出た時リメイクのし甲斐があったもとも言えると思うし。あと、説明書でワイリーステージの存在をばらしてしまった事、これはジョジョの荒木先生風に言えばまさに、「大人は嘘をつくわけではありません。間違いをするだけなのです。」なのでしょうかね・・・・・・・・

|

« 「ロックマン4」と特殊武器など | トップページ | 「ロックマン6」とその限界点 »

ロックマン」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/27449310

この記事へのトラックバック一覧です: 「ロックマン5」と特殊ステージなど:

« 「ロックマン4」と特殊武器など | トップページ | 「ロックマン6」とその限界点 »