2018/11/11

ダーリンインザフランキス11/11(第33話)-「イチゴ最大のピンチ!!助けてくれたのはヒロでもゴローでもなく・・・・・・・」

1111

また2週間ぶりの漫画更新ですが、イチゴがまさかのピンチに陥って、ゴローも当然平気ではいられなかった様です。

1111_2
1111_3
ナナとハチもこれからの対策を考えていた所、司令室にゼロツーがやってきて、いきなり指揮を取り始めたけど、イチゴなんかあまり意識していなかった様に見えて、彼女にも彼女なりの意地があった様です。

1111_4
1111_5

仲間達も大騒ぎで、ゾロメとミクも喧嘩していましたが、ミツルは依然ヒロにわだかまりがあったからかこのとげのある言い方。まあ今はだれが悪いとかそんな話している場合じゃなかったのですが、ゴローが「イチゴが選んだ事だ。」と言ったのは、そうする事で今まで常に一緒に行動を共にしてきた自分をなぐさめるつもりでもあったからかと思いきや・・・・・・・・

1111_6
ここでまた過去回想が挿入されて、イチゴに願い通りのプレゼントを渡すはずが、ヒロに先を越されてしまったけど、それでもヒロを妬む事もせず、寧ろイチゴにはヒロが必要だと思い、彼女の為なら犠牲になる事も厭わなかったゴロー・・・・・・・・・・・・・ホント良い人過ぎる・・・・・・・・・・・・・・・その心中察するに余りありました。

1111_7
そんなゴローの思いを知っていたかどうかは知らないけど、皮肉にもイチゴを助けようとしていたのはゼロツー。さあ、ヒロやゴローとの愛の再会はなるのか?


良い所で終わってしまったけど、助かったら助かったで、ヒロやゼロツーとの三角関係もどう影響するのですかね?漫画更新はまた2週間後の事となりますが、それはともかくイチゴ救出大作戦の結果やいかに?今回はお色気シーンはなかったけど、またまたそっちの方も吃驚させられる様なサービスが見られるかも?いずれにせよ、待ち遠しいですね?

| | トラックバック (0)

2018/11/10

ポスト安倍が誰なのか必死に論じて何か意味あるのか?

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181109-00000506-san-pol

ポスト安倍は「岸破義信」(きしばよしのぶ) 加藤勝信総務会長急浮上

11/9(金) 8:30配信    

    

 

 自民党内で「ポスト安倍」の顔ぶれが変化した。衆院当選6回ながら党三役に抜擢された加藤勝信総務会長(62)が急浮上したためだ。安倍晋三首相(64)からの禅譲を視野に入れる岸田文雄政調会長(61)、9月の総裁選で党員票の45%を獲得し「非安倍」の受け皿となる石破茂元幹事長(61)、ワンポイントリリーフとして菅義偉(すが・よしひで)官房長官(69)の名も挙がる。それぞれ一文字を取り、人呼んで「岸破義信」(きしばよしのぶ)-。

【グラフ】「ポスト安倍」にふさわしい人物は?

 ■急浮上

 「常に高みを見据えながら進めていきたい」

 加藤氏は先月の総務会長就任後の記者会見で「ポスト安倍」を目指すかを問われ、こう答えた。加藤氏は慎重な発言で知られるだけに、党内で「意欲があると踏み込んだ」と、驚きとともに受け止められた。

 加藤氏が「ポスト安倍」に数えられる最大の要因は首相との距離の近さで、首相が退任後に「キングメーカー」として影響力を発揮するのが大前提だ。

 平成24年の第2次安倍政権発足以降、加藤氏は官房副長官、厚生労働相などの要職を歴任し、調整能力が評価されてきた。竹下派(平成研究会、55人)に所属しているが、首相との個人的なつながりが深い。加藤氏は首相の父・安倍晋太郎元外相の最側近の一人である加藤六月元政調会長の娘婿だ。六月氏と晋太郎氏の妻同士も「姉妹」と呼ばれるほど親しく、首相と加藤氏は家族ぐるみの付き合いだ。

 島根県議会議長を祖父に持つ加藤氏は、同県を地元とし竹下派の参院側に影響力がある青木幹雄元参院議員会長(84)と良好な関係にある。首相の出身派閥である細田派(清和政策研究会、96人)には衆目の一致する総裁候補がいないともいわれており、2派閥の「統一候補」とささやく向きもある。

 ただ、加藤氏は「竹下派というより安倍派」(竹下派ベテラン)との声もあり派内で存在感が高いとはいえない。現状では、竹下派で茂木敏充経済再生担当相(63)を次期首相候補に推す声が有力だ。

 ■政調改革で実績

 岸田氏は早くから首相からの「禅譲」狙いとされ、9月の総裁選への出馬を見送った。不出馬表明が遅れたことで首相側近らの不満の的となったが、政調会長を続投し、総裁候補として踏みとどまった。「次は手を挙げたい」と明言もしている。

 岸田氏は衆院当選9回で経験があり、岸田派(宏池会、48人)を率いる派閥領袖でもある。岸田派の若手は加藤氏の台頭に危機感を募らせているものの、岸田氏が細田派の支持を得られれば議員票で有利に立てる。

 ただ、産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)の10月の合同世論調査では、「次の首相」にふさわしい候補として岸田氏を挙げたのは7・3%で、小泉進次郎厚生労働部会長(37)の30・3%、石破氏の27・7%に大きく水をあけられた。地方行脚や政調改革で実績を挙げ、知名度を上げることが課題となっている。

 ■「反安倍」受け皿

 石破氏は総裁選で党員票の45%を獲得し、一定の存在感を発揮した。ただ、議員票では、24年総裁選の際に首相と一騎打ちとなった決選投票よりも減らしてしまった。今回の総裁選で石破氏を支持した竹下派参院議員との勉強会も検討したが、断られた。メディアなどで政権批判を繰り返し「反安倍」「非安倍」路線を鮮明にしている。

 石破派のベテラン議員は「大きなへまをしない限り、石破氏が本命だろう」と強気だ。ある自民党議員も「来年の参院選で自民党が敗れれば、衆院側に『首相やその後継者では、次の衆院選を戦えない』との空気が出かねない。選挙の顔として別路線の石破氏を担ぐ動きがありうる。総裁選で石破氏を支持した小泉氏と組めば、さらに強い」と話す。

 総務相退任後、首相に苦言を呈してきた野田聖子衆院予算委員長(58)はグループ作りを目指したが難航しており、一歩後退した。

 ■ダークホース

 「大穴」として浮上するのが菅氏だ。政権の大番頭として危機管理に当たり、安定政権の功労者と位置づけられている。菅氏は無派閥議員の間に重層的にグループを作り、約40人が参画している。二階俊博幹事長(79)との関係も良好といえ、二階氏が周囲に「次は菅さんでもいいんじゃないか」と語ったこともある。

 自民党内では、この4人を中心に、総裁選出馬の意欲を隠さない河野太郎外相(55)や、知名度が高い小泉氏、茂木氏らが割って入るかどうかといった構図になりつつある。

 かつて、後継候補を示す造語として佐藤栄作元首相の「三角大福中」(さんかくだいふくちゅう。三木武夫、田中角栄、大平正芳、福田赳夫、中曽根康弘の各氏)、中曽根氏の「安竹宮」(あんちくぐう。安倍晋太郎、竹下登、宮沢喜一の各氏)、小泉純一郎元首相の「麻垣康三」(あさがきこうぞう。麻生太郎、谷垣禎一、福田康夫、安倍晋三の各氏)といった言葉が生まれてきた。これらは、政治家が頂点を目指し切磋琢磨(せっさたくま)してきた歴史でもある。「岸破義信」から誰が抜け出すのか。(政治部 沢田大典)

それより前はともかく、麻垣康三はポスト小泉が皆軽量級なのを皮肉った呼称だと「安倍晋三 沈黙の仮面」でも言及されていたの沢田氏は知らんのか?で、産経の記事なんて朝日の記事と同じぐらいの信憑性しかないけど、イマイチ語呂良くないですね。

総理になるのなら、最低でも閣僚は3年間、その内外務・財務・防衛・官房長官のいずれかで1年間、党四役(選挙対策委員長含む)は2年間の経験が欲しい所ですが、岸破義信の中でそれを満たしているのは石破氏だけが辛うじて(防衛庁長官時代も含めれば防衛大臣は2年と10か月務めている)で、岸田氏も来年2019年8月まで政調会長務めればそうなりますね。

しかし、党三役の経験はない(幹事長代行経験はある)し、官房長官として有能でも、総理としても有能だとは限らないけど、この4人の中で一番良いと思うのは誰かと聞かれれば、菅氏ですかね。2021年9月時点でもう72歳な年齢がネックですが、もし安倍総理が病気とかで任期満了前に辞任となれば、残任期間までの在任はあるかもしれない。そろそろ官房長官はお役御免にして、幹事長やらせたかった所(二階氏は高村氏の後任の副総裁に昇格させればよい)でしたが・・・・・・・・・・・岸田氏もこれ以上自民、いや日本が右傾化しない為にも本当なら冷や飯食わされてでも先日の総裁選に出てほしかったですが、宏池会は池田退陣後は伝統的に政局に弱いのが大きな不安点ですね。なっても3年務まるか不安ですが、党内最大勢力である清和会の支持を当てにせず、閣僚も当選回数や派閥に関係なく、官僚の言いなりにならない政策通(特に経済関係は)を起用してほしいものですが、どうも頼りないです。

加藤氏は、義父もポスト安倍晋太郎争いに勝っていれば総理になれたかもしれないですが、裁量労働制データ改ざん事件は彼だけのせいではなくても、大きなマイナス点だし、石破氏は本来なら特に国会議員票ではもっと得票しなくてはいけなかったのだけど、総裁選挙運動時の言動で完全に「こいつはダメだ。」ですね。その他、昨秋の衆議院総選挙期間中は石下とか茨城にも来た事ある河野太郎氏もヤフコメ民には高い評価得ているけど、個人的にはこの人も微妙ですね。確かに中国や韓国にはきちんと言うべき事言っているけど、彼を高評価している連中はロシアのラブロフ外相との外相会談の際、たまたま誕生日だったからかケーキを御馳走してご機嫌取りエピソードは知らないのかスルーしているのか?中国や韓国だけが外交の相手じゃないでしょとも言うか、ロシアは内心バカにしているよ。「こんな阿保も外相やっているのならば、日本に北方領土返す必要なんてなおさら無い。」なんてね。そもそもまた、党四役の経験もなく、彼の独断ではないだろうけど、リトアニアとか北朝鮮にとってはアウトオブ眼中な国との外交でも、拉致問題解決の為の外交カードもロクにないくせに北朝鮮をいたずらに刺激した愚行(勿論北朝鮮を擁護するつもりもさらさらないけど、国連で定められた制裁等最低限の協調を取れば良いのである)もおかしたし、親父がどうだとかも全く関係なく、正直総理になってほしくないですね。

茂木氏は、閣僚・党四役共に経験豊富だけど、スキャンダルも多いし、小泉次男は依然待望論根強いけど、閣僚も党四役も全く経験ゼロの若造(と言っても、私よりも若干年上ですが)に何が出来るんですか?そりゃエレファントマンとか晩年のピート・バーンズ氏とか韓国の扇風機おばちゃんみたいな顔じゃあいくら何でもだろうけど、容姿と政治家の能力なんか関係ない、政治家に容姿の良し悪しを求めるのも愚の骨頂ですよ。少なくとも私は能力さえあれば多少不細工でも全然気にしないですが、芸能人との区別もロクにつけられない人達はそうじゃないのですかね?親父の郵政民営化も最初から「そんなの何の意味があるの?」で否定的だったけど、、小泉政権中に投票権貰った私はついにこの期間、国政でも地方選でも自民にはほんの一度も票入れなかった(参議院や知事選、県会・市議会選等では未だに自民またはその擁立候補に票を入れた事は一度も無い)けど、親父にも息子にも騙されませんよ。

そもそもまた、安倍総理程度の代わりがいるのならば、彼が第一次政権も含めて7年近くも総理やれるはずないのですが、彼らポスト安倍と言われている人達を見ても改めて無理ないなあと言うか・・・・・・・・・・・悲観的過ぎると思うかもしれないけど、ポスト安倍が誰なのか必死に論じて意味あるのか?ですね。外国人労働者受け入れも、欧米にはいくつも失敗例あるのにどうして目先の事しか考えられないんだよですが、残念ながら誰がポスト安倍でも日本の衰退(もう既に現在進行中ですが)はかなり高い確率で止められないでしょう。イチロー選手も、マリナーズが日本で開幕を迎えるという事で、来年は選手復帰するらしいけど、それも手土産にまもなく引退し、その引退も日本衰退を象徴する出来事になるでしょう。彼ってプロ入りもバブル崩壊直後の事でしたものね。野球と言えば、アメリカのマスコミも日本のそれ同様特にスポーツ分野での劣化が著しい(だって、MLB公式なんかどーでも良い、てめーらの自己満足なくだらないランキングも年がら年中やっているもの。これじゃあトランプ政権が誕生しちゃったのも無理ないわ。その反省すらマトモに出来ていない様だけど)と改めて認識させられたけど、大谷翔平選手が新人王取れるかどうかもどーでも良い、WARだけ見ても、同じ4勝&20本塁打でも1919年のベーブ・ルース氏とは内容が違うし、無理して二刀流なんかしないで打者一本で更なる伝説創って、国の衰退が進んでも、一人一人幸せに生きる権利はある日本人を勇気づけた方が良いのではないか?ですが、ポスト安倍が誰になるかなんかよりも、これからさらに進むであろう日本の衰退をどう受け入れ、その中でも一人一人がどう幸せに生きるべきか(勿論個人的には相容れない人種の一つであるネトウヨにだってその権利はある)真剣に考えた方が良いんじゃないの?と強く思いますね。

| | トラックバック (0)

ジョジョ黄金の風第6話-「君の出番だ、アヴドゥル、いやアバッキオ!!ポルポの遺産は絶対渡さない!!」

6
6_2
6_3
6_4
6_5
6_6



随所で良い補完がなされているジョジョTVアニメシリーズですが、今回冒頭でいきなりアバッキオとブチャラティの出会いが描かれていました。しかし、その顔は憔悴していて、ジョルノに小便のまそうとした彼と同一人物には見えません。

ポルポの遺産を回収しようとしたら、次々仲間達がいなくなって、この2人だけになってしまったのですが、生意気(あくまでアバッキオにとって)な新入り・ジョルノへの意地、そしてこの冒頭の出会いも一層強く感じさせてくれたのですが、ブチャラティに対する確かな信頼が彼を改めて突き動かした様です。

彼のスタンドはムーディー・ブルースと言って、特定の人間(スタンドも)の動きを時間もさかのぼって再生できるという追跡・探索型のスタンド、アバッキオ自身のイメージとはかけ離れている感もありますが、それはまた追い追い・・・・・・・・・・ただ、欠点もあって、再生中は無防備状態となってしまう。だからリターンもそれなり以上だけど、リスクも大きいのです。実際彼までもナランチャ同様風船の様にしぼんで・・・・・・だったのですが・・・・・・・・・

ここで敵スタンド使いの声が聞かれましたが、もう勝ったつもりでいて、ブチャラティを恫喝していた様はいかにもチンピラそのもの。しかし、ブチャラティは物知りでもあると言うか、カモメとウミネコの違いを説明する、人を食ったような態度を見せていたけど、ちょっと前にスティッキー・フィンガーズで船底を殴ったのも我を失っていたからではなく、ちゃんとした計算があっての事でしたが、4枚目の画像は彼の数多い名言の一つ、「船は2隻あった!!」と言った時のものです。

敵スタンド使いに勝って、最後はまた過去回想に戻りましたが、改めてそのカリスマ性が伝わると言うか、普通にカッコ良い。容姿だけでなくて心もイケメンだ。合間のウルトラジャンプCMでもジョルノに代わって今回ナレーションを披露していて、声優の中村悠一氏は5ちゃんでの某スレでは「加齢の為に声が汚くなった。」とか貶されていたけど、とんでもない、普通に好演されているではないですか。

今回の話も、アバッキオがスタンド能力を初披露しながらも最後は彼が美味しい所を持ってってしまいましたが、敵スタンド使い、ズッケェロには車に同乗していた仲間がいた筈。今度はこいつが襲ってくるはずですが、果たして?次にスタンド能力を披露するのはミスタか?ナランチャか?それともフーゴか?ますます目が離せませんね・・・・・・・・・

| | トラックバック (0)

2018/11/08

出演映画がちょっとコケた「だけ」ですぐ主演役者を叩く連中って何なんだろうな

https://www.cinematoday.jp/news/N0104725

福士蒼汰&広瀬アリスが仲良すぎ!『旅猫リポート』メイキング映像

2018年11月6日 20時00分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 

制服姿の広瀬アリス、福士蒼汰、大野拓朗 - (C) 2018「旅猫リポート」製作委員会 (C) 有川浩/講談社

 現在公開中の映画『旅猫リポート』から、福士蒼汰広瀬アリス大野拓朗の仲睦まじい様子を切り取ったメイキング映像が公開された。

福士蒼汰&広瀬アリスに大野拓朗が思わず嫉妬!?メイキング映像

 「図書館戦争」シリーズなどで知られる人気作家・有川浩のベストセラー小説を映画化した同作は、愛猫ナナをとある事情から手放さざるを得なくなった主人公・悟(福士)が、新しい飼い主探しの旅に出るさまを描く感動の物語。公開初週の週末興行成績の映画ランキングでは『映画HUGっと!プリキュア・ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ』に次ぐ第2位にランクインした。

[PR]

 今回公開されたメイキング映像は、高校の同級生だったという設定の悟(福士)、千佳子(広瀬)、修介(大野)が再会し、大人になっても複雑な想いが交差し合う三角関係を描いたシーンの撮影風景を映したもの。3人の繊細な心情を描き出すこの場面、修介は千佳子と結婚するも、大人になって再会した悟と千佳子の仲の良さに心をざわつかせてしまう。

 映像では、このシーンの撮影の合間に、会話が弾む福士と広瀬に、劇中の修介さながらにわざと嫉妬の眼差しを向けてみせる大野のお茶目な一面が垣間見える。3人は、まるで本当の同級生であるかのように話題が絶えず、楽しい現場だったと声を揃えて感想を口にしている。

 同じく有川の小説を映画化した『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』などの三木康一郎監督がメガホンを取った『旅猫リポート』。ナナの声を高畑充希が担当したほか、竹内結子山本涼介らが共演に名を連ねている。(編集部・大内啓輔)

旅猫リポートですか。福士蒼汰氏をはじめ、過去にも有川浩氏原作の実写化作品に出演した事のある面々が名をつられている様ですが、猫は好きだから面白そうと思いきや・・・・・・・

https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12156-66126/

ちょっと前の記事だけど、プリキュアなんてもう10年以上も続いている人気シリーズだし、この時点で公開されてからまだ1週間少し程度でしょ?映画誌ライターって、ホントに取材したのかよ?だけど、ヒット作が無い?何を仰る。

まいじつや、映画界の死神とかのたまったサイゾーにとって、ヒットの基準がどれぐらいなのかは知らないけど、仮に10億以上だとすれば、彼の出演作はこんなにヒット作あるよ?(太字は主演作)

(仮面ライダーシリーズ)
オーズ将軍と21のコアメダル 17.6億
フォーゼ&オーズMOVIE大戦 15.1億
仮面ライダー×スーパー戦隊 15.6億
フォーゼTHEMOVIE 12.7億
ウィザード&フォーゼ 11.9億
仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL 12.8億

図書館戦争シリーズ 1作目 17.2億、2作目 18億
好きっていいなよ。 11億
神さまの言うとおり 12.2億
ストロボエッジ 23.2億
ぼくは明日、昨日の君とデートする 18.5億

ラプラスの魔女 13.8億

他のイケメン俳優達は10億以上回収した出演作どれほどあるかは知らないけど、まだ20代半ばにしては決して少なくなんかないだろうし、確かに主演作は不発が続いているのも事実だけど、今年だって、主演作ではないとは言え、ラプラスの魔女は14億弱も回収している。これ、ウィキとかで調べれば誰も分かる事ですよ?他にも何故か実年齢より10歳以上も高い役だったけど、名探偵コナン異次元の狙撃手でも41億強も回収している。これが今の所どうやら彼最大の出演ヒット作で、近年のコナン劇場版としても個人的にマシな方だったけど。

https://www.asagei.com/excerpt/113971

こんな事言ったら、キングダム主演が決まった直後、山崎賢人氏を叩いたアサ芸プラスの飯野さつきみたいに「それは彼自身に集客力があるわけでなく、共演女優、例えば桐谷美玲、土屋太鳳、広瀬すず、二階堂ふみ、橋本環奈らの集客力によるものだ。」とか反論するのもいるかもしれないけど、桐谷氏は100回泣くこと、広瀬氏は先生!、、、好きになってもいいですか?、土屋氏はトリガール、二階堂氏は私の男やふきげんな過去、橋本氏はセーラー服と機関銃とか、全員主役ポストながらもコケちゃった作品もあるんですが!!決して百発百中じゃないのですが!!

と言うか、そもそも他にも色々な要因あるでしょ?確かに福士氏はそんな演技上手いわけじゃない。相応かゴリ押しどちらかと言われれば残念ながらゴリ押しでしょう。あの女性スキャンダルも拙くて、今や仮面ライダーフォーゼから度々共演している吉沢亮氏の方が勢いあるけど、美男美女の役者自身の集客力だけで映画がヒットするなら苦労なんかしないわ。まいじつやサイゾー、アサ芸等の人気芸能人叩き記事は視野が狭いわと言うか、そうやって人気芸能人(しかし、ジャニーズやバーニング等おっかない大手事務所のタレントにはあまり喧嘩を売らない印象があるが。サイゾーは以前錦戸亮氏の某スキャンダルを取り上げた事もあったけど)を叩いて、自分達が上に立った気分でいるのだろうけど、それは全く大間違いですよ。ゴリ押しな彼ら彼女らの足元にも及ばないゴミなんだってのを自分達でなおさら証明しているだけですよ。まあniftyニュースには取り上げられてもyahooニュースには取り上げられない時点でももう「お察し」だし、そういうの一々怒ってもキリないも分かってはいますが・・・・・・・・・・

確かにまた、映画もドラマも同じ顔ぶれな役者ばかりなのに食傷気味な人も多々いるのも事実でしょう。もう20代半ばの美男美女な役者達にいつまでも高校生役を演じさせたりさすがにもう年齢的に無理ならひみつのアッコちゃんでの綾瀬はるか氏みたいに年齢設定を強引に改変した他にも、安藤サクラ氏のバーターでまんぷくで実年齢より10歳以上も若い役を演じた岸井ゆきの氏も、演技力があるのは否定しないながらも「他にもっと歳相応の役者いなかったのか?」だし、鈴木亮平氏みたいに役作りの為に何度も太ったり痩せたりするのも決して良い事じゃない。

岸井氏は正直また、ファンの人達は彼女を持ち上げすぎているのではないか?(繰り返し言う通り演技力はあり、まんぷくで注目された事がきっかけで見てみたサムライフも、出番は終盤だけだったけど、普通に上手かった)な疑問もあって、そこまでして、映画やドラマ作りも大手芸能事務所に忖度しなくちゃいけないのかとも思うけど、まいじつらの毎度毎度なクソ記事はそういう問題提起にすらなってないです。一般人だってちょっと関心持てばすぐ調べられる事もロクに調べられない、事実誤認な記事を書いてもマトモに謝罪する事も出来ない、一般企業だったら即解雇されるであろう無能なのだから。niftyニュースも、コメントが今年7月に廃止になってしまったのはしょうがない、特に政治関連ニュースでは反安倍命なサヨク連中が常駐していたのだし、彼らは今頃阿修羅とかのサヨク掲示板とかにいるのだろうけど、まいじつやサイゾー、アサ芸プラス、リアルライブの記事なんてもう載せない方が良いです。ついでにオリコンやMOVIE WALKERとかもね。

| | トラックバック (0)

2018/11/04

2003年の再編からもう15年、あさひ銀行CM集

https://www.youtube.com/watch?v=OSyA28rq06I

最近ミッフィーのアニメ劇場版をギャオで目にする機会があったけど、そのミッフィーをマスコットキャラにしていた、現在のりそな銀行の前身であるあさひ銀行のCMですね。そのまた前々身の一つが埼玉県を地盤とした埼玉銀行だったとは知らなかったですね。しかし、それが協和埼玉銀行となって、まもなくこの中山美穂&鷲尾いさ子両氏出演のCM通りあさひ銀行になったのだけど、こうした一連の再編はバブル崩壊が多分に影響していたのでしょうね。

https://www.youtube.com/watch?
v=fIHIFZcRvoc&list=FLR_OSclZ9dFa_g6SlW7CjFA&t=0s&index=12


でも、一番印象に残ったと言うか、懐かしいと思ったのはこの葉月里緒奈氏出演バージョンのCMですね。銀行名通り爽やかで明るいイメージを印象付けたけど、この時既に真田広之氏と不倫していて、魔性の女だとか叩かれてしまいましたね。今だったらもっと叩かれていただろうけど、手塚理美氏と離婚させただけでなく、自身も間もなく他の男と結婚するもすぐ離婚して、ヌードも披露した等90年代後半の葉月氏は色々目まぐるしいエピソードがあふれていましたね。その後はさすがに落ち着いてきて、あさひ銀行が大和銀行と合併してりそな銀行になった直後に一般人の男性と結婚して、子供も生まれた(もう中学生だけど、来週の7日に誕生日を迎えるらしい)けど・・・・・・・・・・・・・・

https://newspo24.com/12550.html#2

最近何やってるんだ?と思いきや、この2人目の夫は不動産会社の御曹司らしく、適度に芸能活動も続けながらセレブな生活を楽しんでいた様だけど、恋多き魔性の女はいくつになっても変わってなかった様だ。近年この夫とも離婚して、50近いジュエリー販売会社社長の愛人になったみたいです。娘の親権は元夫が持っているらしいけど、この元夫の家にもたびたび出入りしているらしい。娘さんはどう思うやら・・・・・・ですが、自由奔放で一人の異性だけを愛する事も出来ない性なのでしょうね。工藤静香氏や同年代の後藤久美子氏(ゴクミ)も最近娘さんも出てきたけど、葉月氏は果たして・・・・・・・・・・・もうあさひ銀行のCMよりも葉月氏の話になってしまったけど、まあこれからも悔いのない人生送ってくれですね。

| | トラックバック (0)

2018/11/03

ジョジョ黄金の風第5話-「ブチャラティ幹部への道!!今始まるポルポの遺産争奪戦!!」

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181028-00000311-oriconbiz-ent

『ジョジョ』主役・小野賢章が語る、ボーダレス化進む声優業界の“今”

10/28(日) 9:00配信    

    

コンフィデンス

 役者・声優・ミュージシャンとして活動する小野賢章が、10月から放送を開始した『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』で主人公ジョルノ・ジョバァーナを演じている。今回のTVジョジョシリーズは4期目となり、熱烈な原作ファンからも“完全再現”とそのクオリティーの高さが評価されている。過去、『ハリー・ポッター』のハリー役、『黒子のバスケ』の黒子テツヤ役などの大作を演じてきた小野に、“ジョジョ”への作品愛をはじめ、制作秘話や大作に抜てきされるプレッシャー、「時代の流れに柔軟に対応できる人が生き残っていく」と語るボーダレス化が進む今の声優業界について話を聞いた。

【写真】“完全再現”の名シーン「この味はウソをついている味だぜ!」

■“ジョジョ”主人公抜てきの舞台裏は…「今年を代表する、嬉しい出来事」

――「ジョジョ」の主役を演じることが決まったときはどんな想いでしたか?
【小野賢章】5部(黄金の風)の役が決まったのが、去年の話だったんですよ。で、情報解禁が7月でした。そこまで誰にも喋れないのが本当につらくて…。キャスト発表の瞬間では、間違いなく今年トップ5に入る嬉しい出来事でしたね。今回は、オーディションで選んでいただきました。三部の承太郎は小野大輔さん、四部の仗助は小野友樹さんが演じられて小野が続きまして、「じゃあ5部は小野賢章じゃね?」みたいなことをネットでも言われていて。じゃあ5部やれたらいいなぁって(笑)。実はジョジョは普段から読んでいて、自分が演じられるとしたら5部のジョルノに可能性があるかな、って勝手に思い描いていたことが現実になったんです。“小野”が続いたのは本当にただの偶然ですね(笑)。

――普段から読んでいたイメージは、今回演じて変わりましたか?
【小野賢章】5部はジョジョシリーズの中でも独立しているものだと思います。舞台もイタリアで、ファッションも、芸術性もあって。物語がわからなくても絵がカッコいいという入り方もできると思いますし。今まで見たことない方でも楽しめる部になっていると思います。

――ジョジョ=3部というイメージを持つ方も多いですよね。
【小野賢章】でも、僕は5部が一番印象に残っています。小説版の『恥知らずのパープルヘイズ』を読んだのですが…。

――そこまで読む人は“ガチ”ですね!
【小野賢章】読んだら5部がもっと好きになりました。登場人物がどういう思いで動いていたのか、フーゴ(ギャングの仲間のメンバー)視点での推察やその時の心理が読み取れて。5部への理解がより深くなります。エピローグも素敵でしたし、本当に飽きさせない、いつまでも輝いている作品だと思います。

■「理屈じゃなく、本能的に、自然と熱くなる姿を見てほしい」

――4部までの“個性的”な「動」の主人公に対して小野さんが今回演じるジョルノは想いを内に秘める「静」のタイプです。常に冷静な“超イケメン”主人公ですよね。演じるうえでの工夫などはいかがですか。

【小野賢章】ジョルノは熱くなっても芯は常に冷静で、器の大きさが際立つキャラクターですね。意思の強さ、目的に向かって道を切り開いていく力がすごく強くて、そこを引き立たせることを意識しています。クールだから大声を出さない、ということではない。例えば普段物静かなサッカー選手だとして、試合で味方にパスをもらうというときに静かなテンションで声をかけても通じないじゃないですか。それと一緒で、やる時はやる、自然と熱くなる、そういう部分を自然な流れでくみ取っていけたらと思っていますね。

――ということは…バトルシーンは見どころですね。
【小野賢章】仲間に危機が迫っていたり、クライマックスのバトルでも…生死がかかった状況で、冷静ではありつつも“覚悟の強さ”や“大胆さ”を感じてほしいです。理屈じゃなくて、本能的に気持ちを声に乗せていきたいと思います。

――小野さんが思う、“5部ならでは”の見どころは?
【小野賢章】ファッション性、イタリアが舞台になっている街並み、そういうのは5部の魅力ですよね。もう一つ特殊なのは、ギャングのボスを目指すこと。悪の中に主人公がいて、そこで巻き起こる出来事で。でも自分の正義があって、ぶつかり合って物語ができていく。そこに魅力があると思っています。ジョルノたちはチームとして明確に動いていますので、そこも5部ならではの要素ですよね。

――確かに! これまでには“チーム”はありませんでしたね。
【小野賢章】一緒に旅をする“仲間”ってイメージでしたよね。チームで動く、連携する。5部は、名セリフも多いので、楽しみにしていてください。

■大作抜てきのプレッシャーとの向き合い方「ポジティブな方向に全エネルギーを注ぐ」

――ジョジョは“熱烈なファン”がたくさんいる日本を代表するコミックです。小野さんは過去、映画『ハリー・ポッター』シリーズのハリー役や、『黒子のバスケ』の黒子テツヤなど人気シリーズの主役を務めてきて、今回は『ジョジョ』です。大作に抜てきされるプレッシャーとどう向き合ってきましたか?

【小野賢章】プレッシャーはもちろんあります。ものすごくあります。難しいところですが、選んでいただいた監督さんスタッフさんを信じてやっています。見る人に喜んでもらうためにやっていますが、その…何をやっても批判はあるんですよ。ですが、“アンチ”の意見を聞き入れるためにやっているわけではないですよね。「これが僕たちの作る作品です」という想いで演じています。

――ジョジョシリーズはアニメは原作を忠実に再現していて、批判があまりないのも素晴らしいですね。
【小野賢章】僕がこれまで演じてきたキャラクターは、ちょっと頼りない役も多かったので、みなさんの中にあるイメ―ジと違うのかもしれません。捉え方は十人十色ですから、見ていただかないことには始まらないなって。監督、スタッフさんを信じて、キャストと力を合わせていいものを作ることにエネルギーを向けています。

■ボーダレス化進む声優業界の“今”「実力主義の厳しい世界だからこそ魅力的」

――小野さんは“声優”ではなく、“役者”と名乗っていますね。歌手としても活動されて4年になります。声優のお仕事はアニメのほか、スマホゲーム、歌手、舞台、バラエティ…とボーダレス化しています。現代の声優に求められる要素はどんな点でしょうか?

【小野賢章】見た目も大事で、歌えないと、踊れないと…ということは実際ありますよね。声優に求められることが多い時代になってきています。僕は舞台もミュージカルも好きだし、求められるなら時間さえあればなんでもやりたいんです。小さい頃から子役でやっていて、大人になっても声の仕事をありがたいことにいただけている。養成所に通って、声優事務所に所属して…という“声優一本”でいくタイプではなかったので、僕は特殊だと思います。

 今、2.5次元が人気ですよね。元々アニメだったものを舞台役者さんが演じるという流れがあります。それが、逆に2.5次元俳優と言われるイケメン俳優の方たちが最初からアニメの声優をやって、舞台もやるという流れもできつつある。“声優一本”で活動する人の場が少なくなってきています。ボーダレス化が進んで、生き残るのは難しい世界だということはすごく感じています。

――それでも“声優の仕事”を続けている理由は? 視聴者のイメージですと、小野さんクラスはオファーで仕事が来るのかと思っていますが。

【小野賢章】いやいや!全然そんなことないんです。今回のジョジョもそうですが、お仕事はオーディションですし、常に危機感を持ってやっていますよ。声優のお仕事は僕はすごく“いいな”と思っています。それは、基本的にはオーディションで役を掴むものなんです。作品にマッチするかどうかが大切で、タレントの人気に引っ張られていない。大御所と言われるような方も、ベテランの先輩も、オーディションを受けていくものなんです。声優業界のそのひたむきさ、驕らない感じがすごく好きなんです。

――大作の主役に抜てきされるような人気声優はオーディションを受けないというのは誤解なんですね。

【小野賢章】そうです。さらに、「声優だから人前で歌って踊るのは違うだろう」、という時代ではなくなってきています。時代の流れを汲んで、柔軟に対応できる人が生き残っていくんだと思いますし、僕もそうありたいと思います。今の状況にあぐらをかかずにより多くの人に知ってもらえるように努力して、必要とされる自分でいたいです。

先週の第4話放送前後に紹介された小野賢章さんのインタビュー記事ですが・・・・・・・最初はイメージよりやや声が大人びていた感じがしたけど、今や違和感とか全然無いですね。まあ芸歴は同年代の声優さん達より長いし、本作での好演技も「さおありなん」と思ったけど、フーゴ主役の恥知らずのパープルヘイズ、賢章さんも読んだのですか!!原作の世界観とか良く理解されていると思います。そんな賢章さんは声優よりは役者としての意識が強い様だけど、同年代で、終わりのセラフでも共演した入野自由さんもその点でも同じですね。そんな賢章さんだけど、ベテランでは全然無くてまだ若手な方(前述通り同年代の同業者よりは芸歴長いのだけど)だからオーディションで役を取る事が全然多いのは当たり前でしょう。


5
5_2
5_3
5_4
5_5

5_6



さて、本編の話ですが、ポルポの死だけでなく、隠し財産を持っていた事までかぎつけていたパッショーネの構成員2人組がいた。片割れの車の運転は危ない事この上なく、同乗は勘弁願いたいものだけど、そんなのはまだ知らずにレストランでくつろいでいた4人の男達がいた。

掛け算も満足に出来ない、それにいきなりブチ切れて顔をナイフで刺して罵倒した、4という数字を異常に縁起悪がる、新入りのジョルノに自分の小便を飲ませて洗礼を浴びせようとした等どいつもこいつも容姿はイケメンながらも一癖ありそうな面々ばかりでしたが、洗礼はゴールドエクスペリエンスでとっさに歯をクラゲに変えて乗り切ったジョルノの機転はさすが主人公と言った所でしたか。

彼らはそれぞれナランチャ、フーゴ、ミスタ、アバッキオで、勿論原作を読んだ事ある人はもうご存知ですが、街の人達にしたわれていて、だからこそ猶更幹部にならなければいけないブチャラティは彼らを率いてポルポの遺産を回収しに向かった様だ。

しかし、ナランチャ、おやつを買い込んでいたけど、遠足にいくわけじゃないんだぞ。(笑)年齢は17歳でも心は良くも悪くももっと幼い彼、船上でラジカセ聴きながら楽しんでいたかと思いきや、飲み物を売ったミスタに壊されてしまったけど、何気にひでーな。(苦笑)しかし、前述の構成員2人組、運転中にいきなり姿を消してしまった片割れはブチャラティは、信頼こそが大事だとかのたまっていたくせに隠し財産を持っていた俗物だったポルポからそれを預かっていた事も見抜いて早速・・・・・・で、ナランチャ・ミスタ・フーゴの3人があっという間に姿を消してしまった。

ここでやはりジョルノや他の仲間達同様スタンド使いなのであろうアバッキオが早速その能力を発揮するかと思いきや、洗礼浴びせたつもりがかわされ、態度も生意気だったのがムカついたのかジョルノの事なんか全く信用していなかった。ナランチャの靴をゴールドエクスペリエンスで歯に変えて、彼らは生存してはいる事を見抜いたジョルノまで・・・・・・・・・ですが、勿論何か考えあっての事でしょう。ついにブチャラティと2人だけになってしまったけど、アバッキオのスタンド能力は果たして?

スターダストでもダービー弟役だったアトーベ様もとい諏訪部順一氏、今度はあのアバッキオを・・・・・・と良い役をもらったのもさすがと言った所なのでしょうが、実写版での仗助役、山崎賢人氏とは誕生日が同じでもあるナランチャ役の山下大輝氏も凄いイメージ通りのキャスティングですね。金の単位が原作の億ではなく、イタリアの通貨のリラとなっていたり、船を借りる際、前述のナランチャの買い込みだけでなく、ミスタの4嫌いもまたまた強調されていたりと、金の単位は別に変えなくても良かったかも?1リラを円に換算するとどれぐらいの価値なのかすぐ分かる人もそんないないだろうし・・・・・・・・まあそれはともあれ、原作ではまだ49巻途中の話だけど、今回も纏められるかな?いや、原作以上の・・・・・・・と信じたいですが・・・・・・・・・・

| | トラックバック (0)

2018/11/02

新テニスの王子様第248・249・250話-「王子様は一人で十分!!連続休載も超えて今新たなテニプリ伝説が生まれる・・・・・・か?」

以前から許斐剛大先生は腰痛に悩まされていたらしく、この12月号で3か月ぶりに新テニプリも進展が見られましたが・・・・・・・・・

20181201

時間があまりない中で、越前王子様とプルシ(後述するけど、最後の最後で名乗ったフルネームから以後この綽名で呼ぶ事とする)の愛をかけた対決が始まりましたが・・・・・・・・

20181202
しかし、錦織選手や大坂なおみ選手にも楽勝であろう王子様も乗馬の経験はなかった様で、さすがに馬を扱うのに苦労していた様だ。

20181203
他の面々は2人が会場にやってこないのを不審狩り、ティモテ&サンダースはまた・・・・・・・でしたが、もうお前らは良いよwwww。

20181204
そしてカミュもカミュでこの落ち着いた態度だけど、こいつはもうホント一々言う事が笑えるwwww。早くこいつの出番来ないかなwwww。

20181205
ここで少し過去に話は戻りますが、桜乃はごじゃっぺな不良の兄ちゃんらに絡まれてしまった所、王子様が助けようとした。しかし、迷子状態だったのにダメ押しした等相変わらず素直じゃない。と言うか、ゲーセンで器物損壊して謝罪しないでトンズラこいたお前が言うセリフじゃないだろ!!( ゚皿゚)キーッ!!

20181206
そんな様だから、このプルシに美味しい所を持ってかれてしまった。そしてその直後にこれだよ。

20181207
「お前その娘の何なのさ?」って、横浜銀蝿かよwwww貴様はwwww。そしてさらに・・・・・・・・さあ、ここで今月のテニプリ語録だ!!


「ほう・・・桜か美しい名だ キミにピッタリだな」wwwwwwwwwww


20181208

何だよ、この上から目線なカッコつけセリフはwwwwwwどこまで笑わせてくれるんだよwwwww

20181209
どうやら越前王子様が乗った馬はジョッキー経験もあるらしい謎の男、敏郎(三船コーチ)所有の上手らしいけど、それまで経験なかったのが急にこんなに楽しんじゃって・・・・・・・

20181210


まあ人間の姿をした彼らにこんなツッコミは野暮だろうけど、馬も利用してこんなカッコイイ十八番の必殺技を披露!!越前王子様は馬をも華麗に乗りこなし、いつでもカッコ良くきめてくれるッ!!そこにしびれるッ!!あこがれるッ!!

20181211
そして最後の最後で彼もカッコ良くフルネームを名乗ってくれた!!さあ、ホントのテニスの王子様を改めて名乗るのはどっちになるんだ!?

と言うかまた、こいつピクシブ百科事典でもページあるみたいで、王子様をチビ呼ばわりしていたけど、お前だって身長163じゃフランス人にしちゃ小柄じゃないのか?ナポレオンよりも低い。(ナポレオンは167だったけど、当時のフランス人男性の平均身長165弱よりは大きかった)まあまだ中一だし、ランボーみたいに16~17の間で身長160→180も伸びた例もありますが・・・・・・・・・

まあ身長はさておいて、やはりこのフランス代表面々で一番笑わせてくれるのがカミュで、ブリジット&サンダースのダブルスコンビもなかなかwwwだけど、連載再開いきなりでこのプルシもなかなか笑わせてくれますね。そうですよ、許斐大先生!!ジャンプ+でダリフラを連載中なライバル(?)な矢吹先生は最近隔週連載となっているだけに、もっと頑張って、ジョジョ黄金の風も放送開始されたばかりの荒木飛呂彦先生にも対抗しなければいけません。池袋サンシャインでもテニミュ文化祭が開催されるらしいけど、出演経験者の不祥事にも負けないでもっともっと笑わせて、いずれはネスカフェのCM出演だけでなく、ミュージックステーションや紅白歌合戦への出場も果たしてゴリ押しされていて、私物化しているジャニーズも粉砕しないとね!!大先生ならジャニーズにも勝てる!!2018年が終わるまであと1話!!2018年もテニプリでも笑いで締めくくろう!!YES!!WE CAN!!

| | トラックバック (0)

2018/10/28

ダーリンインザフランキス10/28(第32話)感想-「矢吹流サービスショットもつかの間?イチゴ最大の危機!!」

1028

ダリフラコミカライズ版もももう30話を超えているけど、ここに来て、赤の戦闘用スーツを身にまとっていたゼロツーは白に模様替えして、イメチェンした様です。個人的に白はそんな好きな色ではないですが、まあゼロツーは何色でも似合いますね?

1028_2

しかし、イチゴももう対抗意識が無いなんて言ったら嘘になるだろうけど、誰がリーダーで、従うべき相手は誰なのか改めてハッキリ言ってやった様だ。まあ自由奔放なゼロツーには馬の耳に念仏でしたが・・・・・・・・

1028_3
1028_4

叫竜との戦いでも、朝飯前と言わんばかりにさっさとやっつけたと思いきや、発した液体は操縦者のスーツのみ分解してこうなってしまったらしい。性欲を満たすおかずが欲しい人には都合良すぎな設定ですね。さすが矢吹先生!!

1028_5
1028_6
ところが、もう一体別の叫竜がイチゴを襲ってきて、何とか返り討ちにしたかと思いきや、自爆してしまって、イチゴの生死も不明との事!!果たして彼女の運命やいかに!?


来週はまたイラスト公開との事。もし漫画更新になっていれば来週は金曜日が新テニプリ、土曜日がジョジョ、日曜日がこのダリフラと3日連続で漫画またはアニメの感想更新となる予定だったけど、それは取りあえずお預けですね。まあそれはどうでも良い事ですが、イチゴを救うのはやはりヒロか?それとも常に一緒にいたゴローか?まだ二週間も先なのでなおさら気になるけど・・・・・・・・・・許斐剛大先生も3か月ぶりの連載復帰となるけど、ここでまた矢吹先生なりの新たなる伝説を魅せていただきたいものです。

| | トラックバック (0)

2018/10/27

ジョジョ黄金の風第4話-「彼にもあった正義の心!!これからのジョルノの進むべき道!!」

4
4_2
4_3
4_4
4_5
4_6

ポルポのスタンド、ブラックサバスとの戦い後編です。

康一がパスポートを取り戻してすぐに去れば良かったのですが、彼までも再点火を見てしまったので、ブラックサバスの攻撃対象にされてしまった。どうやら影の中を動くスタンドの様だけど、日没までももうそんなに時間はありませんでした。

手すりをゴールドエクスペリエンスでつた(だったっけ?)に変えて、日光の下に引きずり出そうとしたけど、この時は惜しくも逃げられた。すると、今度はブラックサバスは上空を飛んでいるカラスを利用して・・・・・・・・でしたが、スタンド能力を駆使した知恵比べが熱い。

康一のエコーズとも連携するも、もはやチェックメイトかと思いきや・・・・・・・・・・・最後は今度は木を利用したジョルノの勝利でしたが、スタンドに関する知識はまだ豊富ではなく、あの吉良とも戦い抜いた康一から遠隔操作型スタンドの特徴を聞かされ、ポルポがまだ生きている事を知ります。

約束の時間通り刑務所へ行ってポルポから入団許可を与えられ、刑務所を後にするまでジョルノと同行したのでしょう。康一が刑務所前の公衆電話から承太郎に電話をかけ、ジョルノが危険人物ではない事を報告しましたが、3部における家出少女アンみたいにベタでも別れのあいさつを交わした姿も見たかったかも。それにしても、イタリアにもスタンド使いがいる事がわかったのに伝えるべき事を伝えたらもう観光気分と随分気持ちの切り替えが早かったなでしたが・・・・・・・・・・・・・・

原作ではこのブラックサバス戦が康一最後の登場エピソードとなっていますが、アニメ版では果たして・・・・・・・・・ポルポは信頼の大切さと忌むべき侮辱をジョルノに説きましたが、その論理でいくと、ジュリーこと沢田研二さんは7000人しかではなく、7000人も集まったのにドタキャンして、楽しみにしていたファンの人達の心を侮辱したのだから殺されても文句言えない事になりますね。まあさすがにそんな事する人はいないとは思いますが、ジョルノの場合はポルポのそういう講釈を聞いていた時も、怒りをグッと抑えていたのが伺えましたが、事情を知らなかった無関係の爺さんを殺してしまったのに怒りを感じていたから内心では何も知らない若造だからこれでまた手駒が増えたとかご満悦だった彼の目を盗んで・・・・・・・・・・・・

即死だったと思われるし、話は先走りながらもこの後もっと・・・・・・・だったのですが、別れもあれば新たな出会いも、入団を許可されたのだから当然ある。ブチャラティはどうやら若い連中を取り仕切るグループのリーダー格で、その若い連中達、原作を読んだ人は当然ご存知な面々の姿が見えましたが・・・・・・・・・・・・・


ここで第5話は終わって、原作は47巻途中~63巻までですが、その内49巻序盤まで進みました。今の所4部同様3クールペースですね。OP及びEDアニメーションではトリッシュの姿も見えますが、今回の黄金の風における声優さんは誰なのかな?まあゲーム等での東山奈央氏ではなさそうだけど、やはり楽しみですね!!

| | トラックバック (0)

2018/10/26

大坂なおみのWTAファイナルズ敗退は「ひどい」マスゴミの過熱報道のせいなのか

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6301369

大坂なおみ 涙の途中棄権、3連敗で敗退が決定<WTAファイナルズ>

10/26(金) 17:58配信    

tennis365.net

女子テニス最終戦のBNPパリバ WTAファイナルズ・シンガポール(シンガポール、室内ハード)は26日、レッド・グループの予選ラウンドロビン第3戦が行われ、第3シードの大坂なおみは第8シードのK・ベルテンス(オランダ)と対戦したが、3-6の時点で途中棄権。この結果3連敗となり、今大会の敗退が決定した。

【大坂らファイナルズ組み合わせ表】

大坂は序盤ベルテンスと互角の打ち合いを見せたが、第7ゲームでミスを連発してブレークを許す。その後、第9ゲーム前に治療を受けたが、第1セットを終えた時点で涙を流し途中棄権を申し入れた。

大坂がベルテンスに勝利していた場合、同日に行われる第1シードのA・ケルバー(ドイツ)と第5シードのS・スティーブンス(アメリカ)の結果次第で決勝トーナメント進出の可能性があった。

今年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)で日本人初の四大大会初優勝を飾った21歳の大坂は、日本女子3人目のWTAファイナルズ出場を果たしていた。

もう一方のホワイト・グループからは第6シードのE・スイトリナ(ウクライナ)と第7シードのKa・プリスコバ(チェコ)の決勝トーナメント進出が確定している。

WTAファイナルズ・シンガポールは8選手が2グループに分かれてリーグ戦を行い、各グループの上位2名が決勝トーナメントに進出。リーグ戦1位通過者は、もう一方のリーグ戦2位通過者と準決勝で対戦する。

【レッド・グループ】
A・ケルバー 1勝1敗
大坂なおみ 0勝3敗
S・スティーブンス 2勝0敗
K・ベルテンス 2勝1敗

【ホワイト・グループ】
C・ウォズニアッキ(デンマーク) 1勝2敗
P・クヴィトバ(チェコ) 0勝3敗
E・スイトリナ 3勝0敗
Ka・プリスコバ 2勝1敗























http://news.livedoor.com/article/detail/15304626/



先日、映画「わたしを離さないで」を見ました。詳細な感想は控えますが、「まさかノーベル文学賞まで取った人が原作なのだから、日本ドラマ版はドラマ向きな題材ではなかっただけで面白いのだろう。」と思っていたのが全くの期待外れでした。

勿論カズオ・イシグロ氏は私が全く疎いから知らないだけで、ノーベル文学賞に値する業績を残してこられたのでしょう。勿論また、民族や国家(ネトウヨ達が大嫌いな韓国人であってもだ)によってそういう業績が変わるわけではないのは「彼女」も同じですが、殆どイギリス人なのにノーベル文学賞受賞で「日本スゲー!!」と言わんばかりにお祝いムードだったのは「一体何だったのだろうなあ?」だった様に、この大坂なおみ選手が今回予選敗退となってしまったのも、上記HPでもその芸能人と区別もついてない劣化ぶりとか批判されてますが、マスゴミが過剰報道して、以前からテニスなんか大して興味なんかなかったであろう人達までわざわざ彼女の帰国の際に出迎えたのも何だったのだろうなあ?ですね。正直な話。

彼女自身もいい加減疲れがたまっていたし、相手選手だって当然研究してきているのも当然あるでしょう。ただでさえ疲れていたのに、マスゴミ界隈の辞書には「察する」とかの文字はないのか?ですが、小泉次男や秋田金足農の吉田投手も自分達で勝手に過大評価して勝手に騒いでいる。

後者について言えばまた、日本ハムが外れ1位として交渉権を得た様で、「ハンカチや清宮同様ハム入団かも。」と思っていたらホントにそうなりそうだ。良い球団に巡り合えそうで良かったじゃないか、いきなり一軍で先発ローテ守れる様になれなんて言わないから頑張ってくれと思った一方で、30億強の経済効果を某教授が予測した報道には「バカバカしい!!」でしたが、最近のマスゴミは特にスポーツ分野での劣化報道ぶりが「とてもひどい」です。安田純平氏の帰国も、とてもじゃないけど、玉川徹氏みたいに英雄認定する気にはなれないですが・・・・・・・・・・・・

大坂選手は早くもピークを過ぎてしまったのか?それとも、これから盛り返すのか?テニスの技術的な話は私には分からないですが、いずれにせよ、今のマスゴミの報道姿勢では大坂選手も、判官贔屓が過ぎた吉田投手もマスゴミに潰されかねません。今回のまさかの予選敗退は大坂選手にとっては非常に悔しい結果だったのは想像に難くありませんが、今はこの次は結果を出そうとかなんか考えないで、なるべく周囲の雑音が聞こえない所に身を置いてまずご自分を見つめなおされる方が良いと考えます。もう一度イチからぶれない自分を作り直すのです。さすれば、また結果がついてきます。必ず・・・・・・・・・・・

| | トラックバック (0)

«ネトウヨサイト「国民が知らない反日の実態」でも政治的スタンスを診断?